【軽自動車用】タイヤおすすめ10選┃お手頃価格で維持費を節約

そこで本記事では、軽自動車用タイヤの選び方とおすすめ10選を紹介しています。タイヤ選びで迷っている方は参考にして下さいね。

軽自動車のタイヤ交換を検討しているがタイヤの選び方やどのタイヤが良いのか悩んでいる方も多いと思います。維持費の安い軽自動車はお手頃な価格のタイヤが人気ですが、タイヤの選び方や費用相場を知り、予算や目的に合ったタイヤに交換しましょう。

スポンサーリンク

軽自動車用タイヤの特徴

軽自動車は普通車と比較し、タイヤが小さく幅も狭いのでタイヤそのものに負担が大きいのが特徴。価格は安くなる傾向にあるため、お手頃な価格で購入することができます。

乗用車と比べて消耗しやすい

タイヤの回転数が多い

軽自動車のタイヤは直径が普通車と比べ小さく、同じ距離を走るにも回転数が多くなるため早く減りやすいです。また、小回りがきくので据え切りが多くなり偏摩耗を起こしやすいため、長持ちするタイヤがおすすめ。

新品時の溝が浅い

 新品時のタイヤ溝(平均)
 ・乗用車:8mm
 ・軽自動車:6〜7mm

日本工業規格には「新品タイヤの溝」に関する規定がありません。一方で残り溝1.6mmで不可の基準は道路運送事業法により定められていますが、こちらにも溝に関する規定はありません。そのため、各メーカーやブランドにより多少の違いはありますが、タイヤが安い軽自動車は溝が浅く設計されています

一般的に、5,000km走行するとタイヤは1mm摩耗すると言われています。そのため、使える溝が1〜2mm少ないと距離に換算し5,000km〜10,000km寿命が短くなってしまいます。

ハイト系はふらつきやすい

軽自動車の中でも人気のあるハイト系の軽自動車は重心が高くふらつきやすいです。そこで、サイドを強化しハイト系自動車特有のふらつきを防止する専用タイヤがおすすめ。

タイヤ価格(費用)の相場

サイズ1本あたりの費用4本セット
13インチ5,000〜11,000円20,000〜44,000円
14インチ5,000〜15,000円20,000〜60,000円
15インチ6,000〜19,000円24,000〜76,000円

軽自動車の場合はタイヤサイズは13〜15インチが基本で、1本あたりの費用は5,000円〜19,000円が相場です。タイヤ価格は大きくて高性能なもの程、高くなる傾向にあります。

タイヤの交換工賃

タイヤの交換にかかる費用は、脱着や組み換え工賃+廃タイヤの処分料が必要になります。

工賃と廃タイヤの処分料は、タイヤサイズやショップにより異なりますが、1本あたり概ね2,000〜3,500円前後を見ておくと良いでしょう。4本同時に交換する場合は、8,000〜14,000円程になります。

スポンサーリンク

軽自動車用タイヤの選び方

 ・車種に適したサイズを選ぶ
 ・求める性能に応じて選ぶ

タイヤ選びで重要なのは車種に適したサイズを選ぶことと求める性能に応じて選ぶことで、2点について以下に詳しく解説します。

車種に適したサイズを選ぶ

タイヤ選びをする際に必要となるのは『①タイヤ幅(mm)・②偏平率(%)・④ホイールサイズ(インチ)』の3つで、純正で装着されているタイヤと同じサイズを選べば大丈夫です。

装着しているタイヤの側面に、メーカー名や商品名と一緒に表記されているので、確認してメモしておくと便利です。

求める性能に応じて選ぶ

最近のタイヤは、多様化する車のジャンルやユーザーの嗜好に幅広く対応するため、各社ともラインアップが豊富です。まずは、自身の重視する性能を見つけましょう。

価格を重視する

基本性能のバランスが良く、お手頃価格でコスパ最強のスタンダードタイヤがおすすめ。

【BRIDGESTONE】
NEWNO
【YOKOHAMA】
BluEarth-Es ES32
【KUMHO】
ECOWING ES31
【GOODYEAR】
E-Grip ECO EG02
【LINGLONG】
COMFORT MASTER










省燃費で長持ち

低燃費性能と耐摩耗性に優れ、お財布にも環境にも優しいエコタイヤがおすすめ。

【DUNLOP】
ENASAVE EC204
【BRIDGESTONE】
ECOPIA NH200 C
【DUNLOP】
ENASAVE RV505
【MICHELIN】
ENERGY SAVER 4








静かさと快適さを重視する

優れた静粛性と快適性で、ストレスや疲労を軽減できるコンフォートタイヤがおすすめ。

【DUNLOP】
LE MANS Ⅴ+
【YOKOHAMA】
ADVAN dB V552
【GOOD YEAR】
E-Grip Comfort
【BRIDGESTONE】
REGNO GR-Leggera
【MICHELIN】
ENERGY SAVER4










ハイト系軽自動車なら

ハイト系特有のふらつきや偏摩耗を抑えて安定した走りができる専用タイヤがおすすめ。

【YOKOHAMA】
BluEarth-RV RV03CK
【DUNLOP】
ENASAVE RV505
【TOYO TIRES】
TRANPATH Luk
【BRIDGESTONE】
REGNO GR-Leggera
【GOODYEAR】
E-Grip RVF02










スポンサーリンク

軽自動車用タイヤ厳選おすすめ10選

軽自動車用のタイヤは沢山ありますが、予算をできる限り抑えて安全で快適なものを選びたいですよね。ここでは価格やスペック、満足度の高いおすすめ商品を紹介しています。

【BRIDGESTONE】NEWNO

低燃費でお手頃な価格が人気の「ネクストリー」ブランドの後継品。新製品はタイヤと路面の接地圧を均等化することで、高い耐摩耗性を発揮しロングライフで家計に優しい

さらに、ニューノは上級モデル「レグノ」の技術を盛り込んで開発され、シリカ高配合ゴムの採用により雨天時の制動力が従来の同等モデルに比べて8%向上し安全性能が進化。

・世界No.1のタイヤブランドで安心
・街乗りが多い方におすすめ◎
・コスパの高さを重視するならコレ!

転がり抵抗性能A
ウェットグリップ性能b
タイヤサイズ13〜18インチ
公式サイト製品詳細を見る

【DUNLOP】ENASEVE EC204

長持ちに定評のあったエナセーブシリーズですが、「EC204」は左右非対称のトレッドパターンの採用により偏摩耗を抑えてタイヤを無駄なく使えるロングライフ性能をアップ

全サイズで転がり抵抗性能『AA』を獲得し低燃費に貢献。さらに、接地面をラウンドシェイプにすることで他メーカーの同等製品と比べて1段上をいく快適な乗り心地を実現

・ハイレベルな低燃費性能
・快適なドライブを楽しみたい方
・タイヤを無駄なく使うならコレ!

転がり抵抗性能AA
ウエットグリップ性能c
タイヤサイズ 13〜18インチ 
公式サイト製品詳細を見る

【LINGLONG】COMFORT MASTER

コンフォートマスターの名の通り、快適で静かな乗り心地を極めたコンフォートタイヤ。さらに濡れた路面での走行性能も高く、お値段以上の満足感が得られるコスパ最強のアジアンタイヤで多くの支持を得ています。

・最も安価なアジアンタイヤ
・快適性とウェット性に優れる
・とにかく出費を抑えるならコレ!

サイズ13〜17インチ
公式サイト製品詳細を見る

【YOKOHAMA】BluEarth-GT AE51

ヨコハマ独自の技術により水膜除去性能を大幅に向上し、不安に感じやすい雨の日でもしっかり走れるウェットグリップ性能「a」を獲得。優れた低燃費性能も備え格段に高いトータルパフォーマンスを発揮します。

さらに、走行性能も重視しており高い操縦安定性により市街地や高速道路、そしてワインディングと快適なドライブを楽しめる。

・快適なドライブが楽しめる
・長距離の移動も安心
・雨の日の安全性の高さならコレ!

転がり抵抗性能AA〜A
ウエットグリップ性能a
タイヤサイズ 14〜20インチ 
公式サイト製品詳細を見る

【YOKOHAMA】BluEarth-RV RV03CK

濡れた路面でのグリップ性能が高いことで定評のあるブルーアースの軽ハイト専用タイヤ。ウェットグリップ性能は全サイズ最高レベルの“a”を取得し雨の日の安心感は抜群

サイド部の剛性を強化し、ハイト系特有のふらつきと偏摩耗をしっかりと抑えて優れたロングライフ性能を発揮します。また、快適性にも配慮しソフトな乗り心地に加え、会話や音楽を楽しめるより静かな車内空間が魅力。

・ロングライフで快適
・ハイト系の弱点を抑えて安心
・年間の走行距離が多いならコレ!

転がり抵抗性能A
ウエットグリップ性能a
タイヤサイズ 13〜16インチ 
 公式サイト  製品詳細を見る

【BRIDGESTONE】ECOPIA NH200C

「エコテクノロジー構造」により、タイヤのエネルギーロスを低減し、ウェット性能やライフ性能と両立した高い低燃費性能を実現。

偏摩耗を抑制する軽・コンパクト専用パタンとブリヂストン独自技術のULTIMATアルティメット EYEアイ® により、接地圧を均等にすることで耐偏摩耗性とライフ性能を向上

・軽・コンパクト専用設計
・偏摩耗を抑制し安全性が長持ち
・ライフ性能の高さならコレ!

転がり抵抗性能AA〜A
ウエットグリップ性能b
タイヤサイズ 13〜17インチ 
  公式サイト  製品詳細を見る

【DUNLOP】LE MANS Ⅴ+

日本最大級の自動車SNSサイト『みんカラ』のパーツオブザイヤーにおいて、発売以来3年連続1位を獲得し2020年に殿堂入りしたルマンVの後継モデル。ルマンV+は特別なゴム素材を採用することで路面にフィットしやすく、従来モデルから突起乗り越し時の入力を7%低減とウェットブレーキ性能が2%向上、より快適で安全な走行が楽しめる。

・基本性能のバランスが良い
・ソフトな乗り心地が楽しめる
・本物の静かさを求めるならコレ!

転がり抵抗性能AA
ウエットグリップ性能b
タイヤサイズ 14〜20インチ 
 公式サイト  製品詳細を見る

【BRIDGESTONE】REGNO GR-Leggera

軽自動車での特定周数音の抑制と軽自動車特有の振動を抑えるノイズ吸収シートにより「上質な静粛性」をもたらします。

軽自動車用に非対称形状・非対称パタン・高剛性トレッドを採用することで、ふらつきを抑制し快適な乗り心地と操縦安定性を両立。また、『パワーサイド構造』を採用することで、重心が高くふらつきやすい傾向にあるハイト系軽自動車にもしっかりと対応

・専用設計で軽自動車と相性が良い
・ハイト系軽自動車にも対応
・高性能なタイヤなら絶対にコレ!

転がり抵抗性能A
ウエットグリップ性能b
タイヤサイズ 14〜15インチ 
公式サイト製品詳細を見る

【TOYOTIRES】TRANPATH Luk

ミニバン専用タイヤの先駆者であるトーヨーのハイト系用タイヤ。独自技術のスーパーハイターンアップ構造とワイドトレッド化により、『縦にしなやか、横にしっかり』安定した走りと上質で快適な乗り心地を実現。

サイレントウォールというパタンノイズを低減する技術により、耳障りな音を軽減し快適な範囲に収まっているので長距離ドライブでも疲労が少なくストレスを感じにくい。

・ハイト系軽自動車と相性抜群
・静かで快適、本当に疲れにくい
・ふらつきと偏摩耗の抑制ならコレ!

転がり抵抗性能A
ウエットグリップ性能c
タイヤサイズ13〜16インチ
 公式サイト  製品詳細を見る

【GOODYEAR】E-Grip ECO EG02

トレッドパターンの進化とラバー素材により、従来品『EG01』と比べて転がり抵抗を3%低減し実質的なタイヤの寿命を8%向上。

さらに、タイヤの柔軟性を高めしなやかにたわむよう設計することで、高い操縦安定性を実現。ピッチ配列の最適化とランド比アップに伴い、溝容積が減少したことでパターンノイズを低減し静粛性にも配慮しています。

・ロングライフでタイヤが長持ち
・快適なハンドリングでドライブする
・毎日走りたくなるタイヤならコレ!

転がり抵抗性能AA〜A
ウエットグリップ性能c
タイヤサイズ 13〜18インチ 
公式サイト製品詳細を見る

ネット通販売れ筋ランキングをチェック

Amazon・楽天市場・Yahooショッピングで軽自動車用サマータイヤのリアルタイムの売れ筋ランキングも参考にしてみて下さい。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

【Q&A】よくある質問

Q
タイヤ交換は4本同時に行うべきか?
A

1本からでもタイヤ交換は可能ですが割高になります。また、溝や性能が違うタイヤを履くとブレーキをかけた時の効きが左右で異なったり、コーナーで違和感を感じたり危険な場合があります。そのため、4本同時に交換すと安全性が高く経済的で望ましいです。

Q
ネットでタイヤ購入する際の注意点
A

ネット通販を利用する場合、実物を確認できない状態で購入することになります。製造時期や品質面に不安があり、購入前にショップで質問したり口コミから判断することをおすすめします。

まとめ

おすすめのタイヤ紹介で、皆さんに合った素敵なタイヤが見つかれば幸いです。新品のタイヤでこれからも楽しいカーライフを送りましょう。最後になりますが、読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました