【2022年版】洗車の基本道具┃選び方とおすすめ22選

大切な愛車を綺麗にするために洗車道具を購入したいけど、種類が豊富で何を基準に選んだらいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

洗車道具の種類によっては、ボディにキズをつけたり塗装面を傷める原因となるため注意しましょう。

そこで今回は、洗車に必要な道具の選び方とおすすめ22選を紹介していきます。

スポンサーリンク

洗車に必要な道具と選び方

洗車ホース

ホースのタイプ

据え置き型
屋外に置いたまま使うため、風で飛ばされないよう重量がありホースが長めに設計されています。雨・風や紫外線による劣化を防ぐためカバー付のものがおすすめ
コンパクト型
ガレージや物置に収納しやすいように、スリムで軽量な設計で持ち運びに便利です。

ホースの素材

樹脂
一般的なタイプのホースで、軽量で柔らかいのが特徴。経年劣化しやすいですが価格はリーズナブルなものが多いです。「据え置き」、「コンパクト」どちらのタイプにも相性が良いです。
ステンレス
ステン(汚れる・さびる)レス(ない)という名前の通り耐久性に優れているのが特徴で、劣化しにくく踏んでも破けにくいので買い替え頻度が減ります。重量があるので「据え置き」タイプとして使うと良いです。

ホースの長さ

蛇口から車までの距離と車を1周できる長さが必要になります。使用環境や車種にもよりますがホースの長さは15m〜20mのものが最適です。

車種別の必要な長さ目安

軽自動車:約13m
5ナンバー:約15m
ワンボックス:約17m

水圧の強さ

水圧の強さは、ホースの内径サイズにより変わります。内径サイズが大きくなると重くなる傾向にありますが、洗車は水圧を強めて使う機会が多く適しているのは標準的な内径サイズ12〜15mmになります。

内径が小さいと、カーシャンプーを洗い流すのに手間がかかったり上手く洗い流せず仕上がりに影響することがあります。

また、水圧調整がしやすいノズル付がおすすめ。ノズルとは、ホース先端に装着し何種類かのパターンで散水できるものです。

洗車バケツ

バケツの容量

カーシャンプーを使う場合、希釈タイプ(薄めて使う)のものが多く泡立てて使うため、しっかりと泡立てられるようバケツの容量は10L〜20Lが最適です。洗車道具を収納することもできるので、大容量のものを選ぶのがおすすめ

グリッドガード

洗車中にスポンジやブラシをそのままバケツに入れると、付着た泥や砂など固形の汚れが沈殿し、また汚れを車に付けてしまうことになります。固形の汚れが付着したスポンジでボディを擦ると洗車キズの原因となります。

その対策として、グリッドガード付きの洗車バケツがおすすめ。グリッドガードはバケツの底面に入れ使用するので、固形の汚れがグリッドガードの下に沈殿しスポンジやブラシに付着するのを防止します。

便利な機能

折りたたみ式
折りたたみ式は、コンパクトで収納場所を確保しやすく、軽量で持ち運びに便利。洗車以外でも使用する場合におすすめ。
踏み台やイスになる
フタ付きで滑り止め防止設計になっているので、車のルーフや高い場所などでは踏み台として使えます。また、イスとしても使用できるので釣りやキャンプなどレジャーでも重宝します。選ぶ際は、耐荷重や高さをしっかりと確認しましょう

洗車スポンジ

洗車用スポンジにはそれぞれ特徴があり、洗車キズ防止や汚れを落とすのに最適なスポンジを選ぶためにも、ボディ用とタイヤ・ホイール用で使い分けるのがおすすめ。

スポンジの素材

ウレタン
一般的に使われている洗車用スポンジは、ウレタン素材のものです。柔軟性と伸縮性に優れており、泡立ちが良く洗車キズになりにくいのが特徴です。酸性・アルカリ性どちらにも使える万能タイプなのがポイント。カーシャンプーに付属されることが多く、リーズナブルなので気軽に買い替えられるのも魅力。

セルロース
セルロースは天然パルプを原材料に使用したしたもので、抜群の吸水性により保水力が高く泡持ちの良さが特徴。バケツから水を補給する手間やカーシャンプーの使用量を減らせるため、作業効率が良くエコに優れています。また、繊維が細かく水につけることで表面が柔らかくなるため、ボディにキズがつきにくいです。

ムートン
羊の毛皮を利用した素材で、ふわふわした柔らかい手触りで泡立ちが良く、強く擦ってもボディにキズがつきにくいのが特徴です。手にはめ込むグローブタイプのものが多く接地面が大きいため、ボディを洗うのに最適です。羊毛を使うため価格は高めになっています。

・PVA(ポリビニルアルコール)
90%以上が気泡でできているため、水を吸い込むスピードが速く保水力が高いのが特徴です。水を含むことで弾力があり柔らかない素材となるため、泡立ちが良くボディにキズがつきにくくなります。ラインナップが少なくなっており、店舗によってはない場合もあります。

便利な柄(グリップ)付き

柄付きのスポンジは、車のルーフなど高い場所を洗うのに最適です。伸縮機能が付いていると、場面に応じた適切な洗車が可能です。スポンジに直接触れないので手を汚さずに洗車ができるのもポイント。

スポンジのサイズ

ボディ用は、塗装面を直接擦るため洗車キズにならないようやわらかい素材のものを選ぶのがポイント。サイズは自分の手や車の大きさに合わせ使いやすいサイズのものがおすすめ。

タイヤ・ホイール用は、ボディと違いキズの心配がないので頑固な汚れを落とせるブラシなどもおすすめ。細かところまで洗える小回りの利くサイズを選ぶのがポイント。

カーシャンプー

一般的なカーシャンプーはほとんどが中性のものになります。汚れを浮かせる成分が配合され、泡立てて洗車スポンジで軽く擦るだけで埃など軽い汚れであれば十分に洗浄することができますコンパウンド(研磨剤)が配合されていないので、ボディにダメージを与えず洗車が可能で、コーティング施工車や全塗装色に対応しているので気軽に使用できます。

カーシャンプーは、汚れの種類に合わせ中性・酸性・アルカリ性と特徴が異なる3つの洗浄成分に分かれています。また、洗車と同時に得られる効果や機能に違いがあるため、カーシャンプーを選ぶ際には愛車の汚れの種類や用途に合わせて選ぶことが大事です。

カーシャンプーの詳しい解説はコチラ

拭き上げタオル

タオルの素材

マイクロファイバー
極細繊維でできており速乾性と吸水性に優れたタオルです。吸水性が良く拭き取り回数が減らせるので、洗車の効率が上がります。繊維が細く高性能なタオルなので、ボディにキズがつきにくいのもポイント。

PVA(ポリビニルアルコール)
薄いスポンジのような質感の素材で、親水性に優れ抜群の吸水性を発揮します。水分を強力に吸い取るため、コーティングやワックスも一緒剥がれる可能性があるため、注意しましょう。

セーム革
カモシカの毛皮を油でなめした素材です。天然と人工のものがありますが、洗車タオルには主に吸水性が高く水に触れてもぬめりにくい人工タイプが使われています。セーム革の使い方は、水で濡らして軽く絞り、柔らかくしてから使用します。

綿
他のタオルと比較し、吸水性は劣りますが価格がリーズナブルなのが特徴です。安価で気軽に買い替えしやすいので、タイヤ・ホイールやマフラー周りなどタオルに汚れが付着しやすい部分に使用するのがおすすめ。

吸水性PVA>セーム革>マイクロファイバー>綿
ボディに優しいセーム革>マイクロファイバー>PVA>綿
総合性能セーム革>PVA≧マイクロファイバー>綿

サイズ

拭き上げタオルには様々なサイズがありますが、車のサイズや使い勝手に合わうものを選びましょう。

メリットデメリット
・一回の拭き取り量が多い
ボディの大きい車に最適
・水を絞るのが大変
・拭き取り中に地面に触れやすい
普通・水が絞りやすく手軽で扱いやすい
細かい部分の拭き上げに最適
・拭き取り回数が増えて時間がかかる

吸水性

吸水性が悪いと、吹き残しによるウォータースポットやイオンデポジットの原因となり仕上がりに影響します。また、拭き上げ回数が増えるので手間と時間がかかるため作業効率が悪くなります。洗車の拭き上げは、PVA・セーム革・マイクロファイバー素材などの吸水性に優れたタオルをがおすすめ

スポンサーリンク

洗車道具おすすめ22選

洗車ホース4選

【タカギ】BOXYツイスター

日差しや外気からホースを守るカバー付きのホースリール、カバーは着脱可能でホースのお手入れも簡単。ホースはねじれに強い螺旋構造を採用し、取り回しやすく巻き取り時のストレスが少ないです。藻の発生を抑制する遮光層仕様に設計されており、劣化を抑制し耐久性に優れています。操作の手軽さや、ホースの耐久性を重視している人におすすめ。

タイプコンパクト型
ホース素材樹脂
ホース長さ20m
ホース内径12mm
水形パターン4水形
公式サイト製品情報はコチラ

【アイリスオーヤマ】フルカバーホースリールEX

ストライプ模様のフルカバータイプでおしゃれなホースリール。ノズルは握り加減で水量調整ができるので非常に便利。カバー上部にアーチ状の巻き取り口が ついており、ホースの片寄りを防ぐので巻き取りが簡単。さらに、上から水をかければホースの汚れを楽に落とせます。おしゃれで使い勝手の良さを重視している方におすすめ。

タイプコンパクト型
ホース素材樹脂
ホース長さ・15m・20m・30m
ホース内径12m
水形パターン6水形
公式サイト製品情報はコチラ

【ハタヤ】ステンレスホース

ステンレス製のホースリールで、樹脂製と比べ紫外線や衝撃に強く屋外保管に最適。また、ステンレスの美しい輝きがお庭にピッタリで、錆びることもないので長く使うことができます。半自動「コロコロガイド」付きで引き出しも巻き取りもスムーズで手を汚すことなく収納できます。

タイプ据え置き型
ホース素材ステンレス
ホース長さ20m
ホース内径12mm
水形パターン1水形
公式サイト製品情報はコチラ

【WHATAFIT】5mから15m伸びるホース

ホース内管はラテックスTPE素材と防爆構造、外部はポリエステルの布生地を採用した3層構造により水漏れ防止。柔軟性が高く伸縮性に優れた素材で、通水後5m〜15mの3倍に伸びて水を抜けば簡単に縮むホースです。リールが付いていないのでコンパクトで軽量、収納や持ち運びにとても便利。

タイプコンパクト型
ホース素材ポリエステル
ホース長さ15m
ホース内径
水形パターン8水形

洗車バケツ3選

【イノマタ化学】かしこいバケツ

商品名通りのかしこい機能が搭載されているバケツ。中カゴ付きで洗車道具をそのまま外に出し、バケツに水を貯めてすぐに洗車をはじめられるのが魅力。また、フタ表面に滑り防止のザラザラ加工が施され、耐荷重100kg・約30cmの踏み台やイスとしても使えます。脚立代わりになるので大きめの車でも洗車することが可能。

容量17L
便利な機能踏み台
耐荷重・高さ100kg・30cm
公式サイト製品情報はコチラ

【スパシャン】バケツ大

カーケミカルブランドならではの視点で製造され、あらゆる溶剤に対応したケツ。グリッドガード付きで、スポンジやブラシに砂や埃が付着せず洗車キズを防ぎます。バケツの直径を大きくしグリッドガードにハチの巣状の形状を採用することで、泡立ちが良くきめ細かな泡を大量に作ることができます。

容量15L
便利な機能泡立ちグリッドガード
公式サイト製品情報はコチラ

【ラドウェザー】折りたたみバケツ

アウトドアブランドの折りたたみバケツ。フック穴付きで、壁掛けに吊るして収納することも可能。収納するときは厚み5cmでかさばらず持ち運びに便利。備えておけば、あらゆるシーンで活躍すること間違いなし。

容量10L
便利な機能折りたたみ式
重量585g
公式サイト製品情報はコチラ

洗車スポンジ7選

【ソフト99】洗車スポンジ PRO

エコノミーサイズで持ちやすく使いやすい洗車スポンジ。スポンジ面には、プロファイル加工を施し優れた洗浄力を発揮し細かい部分もしっかり洗えます。価格がリーズナブルなので、汚れたホイールなどに使用し買い替えのしやすさも魅力。

素材ポリウレタン
サイズ115×55×190mm
公式サイト製品情報はコチラ

【日本インソール工業】セルロース洗車スポンジ

植物繊維で柔らかく、吸水性が抜群な、傷がつきにくいセルローススポンジ。気泡が細かくほどよい厚みで柔軟性もあるので、キズが付きにくくボディにとても優しいのが魅力。弾力性に優れたセルローズを100%使用しているので、洗車だけでなく、ワックス塗装のノビが良くムラなく仕上がります。

素材セルロース(天然)
サイズ20×14×4.5cm

【プロスタッフ】ひつじの毛グローブ

使用箇所に応じ使い分けができる2WAYタイプの洗車用グローブ。 天然羊毛の空気層と新構造のスポンジ層により、なめらかでキメ細かい泡をつくり、ボディーをやさしく包み込むように洗えます。 裏面の超極細繊維は、虫汚れ鳥フン汚れなどグリルやバンパーにこびり付いたしつこい汚れを落とします。 洗車にこだわる方や、コーティング施工車のお手入れにも最適。

素材オーストラリア産天然羊毛
サイズ255×264×50mm
公式サイト製品情報はコチラ

【アイオン】洗車スポンジプラスセーヌ

ソフトなPVA素材を使用し、薄くて柔らかいのでどんな場所にもフィットします。保水力と吸水力が高く、水分や洗剤をしっかり抱え込むので泡持ち抜群、ストレスフリーで気持ち良く洗車できます。また、水洗いのみでの洗車にも適しています。耐久性が高いのも魅力で長く使用できるのもポイント。

素材PVA
サイズ約180×130×25mm
公式サイト製品情報はコチラ

【DAMAO】洗車スポンジ 伸縮式

伸縮機能付きでモップと柄を取り外すことができる便利なスポンジ。柄は66cm〜92cmまで伸縮できてヘッド部分は90°回転可能なので、手が届かない場所も楽に洗浄でます。マイクロファイバー素材で、ボディにやさしいのもポイント。使用後はモップを取り外せるので乾かすのが簡単。

素材マイクロファイバー
サイズ
公式サイト製品情報はコチラ

【ウィルソン】ホイールスポンジ

スティックタイプのホイール用スポンジで、持ちやすく奥まで届くからしっかり汚れを落とします。表面に破れにくく丈夫なメッシュ加工を施してあるので、耐久性は抜群。ホイールの奥まで届くため、スポークやメッシュタイプのホイールにおすすめしたい。

素材
サイズ27.5cm
公式サイト製品情報はコチラ

【ワコー】ホイールブラシ

R形状のブラシで多種のホイールに幅広く対応しています。毛が細部まで入り込むので、ナット部やスキマなど隅々まで綺麗に洗えます。中空糸の毛先を先割加工しやさしく洗えるので、ホイール塗装面もキズつけにくいソフトな洗い心地。柄はクッション性のあるスポンジグリップで、滑らずにシッカリ握れます。ボディに触れてもキズつけにくく安心です。

素材(毛部)PET
(本体)ポリエチレン
合成ゴム、PVC
サイズ約30cm
公式サイト製品情報はコチラ

カーシャンプー3選

【シュアラスター】カーシャンプー

キメ細かなクリーミーな泡が洗車キズを予防し、軽い汚れやホコリを包み込むように落とします。洗浄力が高く泡切れが良いので使いやすさ抜群。リピーター率が高い人気商品なので、迷ったらこれを選べば間違いのない定番アイテム。

内容量1000ml
使用回数中型車約20台分
公式サイト製品情報はコチラ

【SONAX】グロスシャンプー

汚れを浮き上がらせる強力な特殊分解成分を配合し、ボディ表面に泡が素早く浸透するので、柔らかな洗い心地で落ちにくい汚れも簡単に落とすことが可能。1本で40回分の洗車が可能な希釈タイプなので、コスパが非常に良いです。

内容量1000ml
使用回数中型車約40台分

【プロスタッフ】アワアワシャンプー

クリーミーな泡で車を丸ごと包み込み汚れをしっかり落とします。塗装面以外にもガラス・ホイール・タイヤなど全部洗浄できるので普段使いにおすすめ。また、「キレート剤」が配合されており洗車時の焼き付きを防止し、ウォータースポットになりにくいのもポイント。 さらに超濃縮タイプで洗車が約50回できるので経済的。

内容量2L
使用回数約50回分
公式サイト製品情報はコチラ

拭き上げクロス5選

【CARZOC】マイクロファイバー

吹き上げ時間短縮専用タオルにこだわり、吸水性と速乾性に優れているのでユーザー評価が高く人気を集めています。3枚セットになっているので、窓・ボディ・ホイール用の3ヶ所に使い分けて使用できるのも嬉しいポイント。手にフィットするサイズ感とボディに置いただけで吸水するので、繊細なコーティング車にもおすすめです。性能とコスパは多くの支持率通り本物。

素材マイクロファイバー
サイズ40×40cm
付属品3枚セット、専用収納袋付

【ペルシード】ドライングクロス

フェイスタオルのようなふわふわ素材で、ガラスやインテリアにも使用できる肌触りの良いクロス。絞らずに車1台分丸ごと吸水可能なビッグサイズなのに絞りやすい。超極細繊維で水滴を逃さず、濡れたボディの上を軽く滑らせるだけで拭き取りが完了。速乾性が高いので、作業効率が格段に良くなります。

素材高品質マイクロファイバー
サイズ40×75cm
公式サイト製品情報はコチラ

【アイオン】拭き取りクロスプラスセーヌ

PVAスポンジの間に、ポリエステル繊維の芯材を入れた三層構造なので、破れにくく耐久性に優れています。吸収性と拭き取り性の高さも魅力。塗装面への摩擦抵抗を減らすエンボス加工を施しているので、車に優しく拭取り作業が楽にできます。

素材PVAス、ポリエステル
サイズ43✕32.5cm
公式サイト製品情報はコチラ

【シュアラスター】水滴拭き取りクロス

PVA素材のスポンジで、洗車スポンジの中でも抜群の吸水性を誇り水滴を残さず拭き取りできるのが特徴。ボディに張りつくことなく吸水できるので塗装面に優しい拭き取りができまく。耐久性が高く繰り返し使えるのもポイント。マイクロファイバーの繊維クズが気になる方におすすめしたい。

素材PVAS、ポリエステル
サイズ43×32.5cm
公式サイト製品情報はコチラ

【ソフト99】激吸水レギュラーサイズ

洗車後の拭き取りが激短縮。綿タオル特有の心地良い使用感はそのままに、綿タオルとは比較にならない激吸水が得られる高性能マイクロファイバークロスです。水滴のふき取りと同時に超極細繊維のかき取り効果で軽い水アカ汚れも落とせます。また、付着した汚れが落ちやすく、洗えばソフトな肌触りが復活します。

素材ポリエステル、ナイロン
サイズ30×50cm
公式サイト製品情報はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました